部門紹介

総合内科

現代の医療は医療の細分化が進み、より専門性が高くなっていますが、多くの患者様はいくつもの病気を抱えており、それぞれの病気・病状・悩みに対しバランスをとりながら治療をする必要があります。
そのようなニーズに応え、患者様の治療に対する希望を対話しながら、トータル的に患者様一人ひとりにあった治療法で進めていくのが、当院の総合内科です。
風邪などの感染症から、生活習慣病のコントロールまで幅広く受診していただくことが可能であり、必要に応じてより専門的な医療機関への連携も行います。
担当医師はこちら▶ 外来医師担当表はこちら▶

消化器内科

主に胃、食道、腸などの消化管の病気、肝臓、胆のう、膵臓、脾臓の病気を扱うのが消化器内科です。
腹部超音波、CT、MRI、上部内視鏡、下部内視鏡検査により、臓器の異常を発見することができます。
胸焼け、食事の際の胸のつかえ感、吐き気や嘔吐、みぞおちの痛み、全身の倦怠感、食欲が無い、発熱を伴う腹痛、下痢、血便、黒色便などの症状が気になる方や、ピロリ菌検査、胃カメラ、大腸カメラご希望の方も当科の受診をお勧めします。
外科的治療が必要な場合など、連携医療機関を紹介することも可能です。
担当医師はこちら▶ 外来医師担当表はこちら▶

循環器内科

主に心臓病や血管の病気を扱うのが循環器内科です。
高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症などの循環器疾患のリスクの大きい方は、定期的に循環器内科の診察と指導を受けると安心です。
また、胸が痛い、動悸がする、息切れや、ろれつが回らないなどの症状がある方は当科の受診をお勧めします。
外科的治療が必要な場合など、連携医療機関をご紹介することも可能です。
外来医師担当表はこちら▶

泌尿器科

「腎臓」「前立腺」「膀胱」「尿管」「尿道」に生じる疾患の検査・治療をいたします。尿に血が混ざる、尿が出にくい、尿が近い、陰嚢内が腫れる、腰(わき腹)の痛みなどの症状が気になる方や、前立腺がんの検査をご希望の方などは、泌尿器科の受診をお勧めします。
外来医師担当表はこちら▶

精神科・心療内科

現代社会では、様々なストレスにより心と体のバランスを崩してしまうことがあります。
イライラする、不安である、眠れない、ゆううつだ、物忘れがひどい、人前で緊張しやすい、ボーッとしている、などの症状で困りの方や、原因のはっきりしない体の症状がある方。
行動がまとまらない、仕事が長続きしない、乱暴になることがある、拒食、過食などに悩んでいる方。
(周囲の方からみると)変なことを言う方。ストレスで体の調子が悪い方なども当科の受診お勧めをします。
完全予約制となります。初めて精神科・心療内科におかかりの方は、月、火、木、金の午後の診療枠のみご予約を承ります。
ご予約は当院医事課までお電話をお願いします。(予約:04-7171-2023)
担当医師はこちら▶ 外来医師担当表はこちら▶

眼科

レーザー手術を含めた外来一般と白内障手術を行っています。外来では視力検査に始まり、眼鏡やコンタクトの処方。そして、
ものもらいの治療などはもちろん、白内障、緑内障など含め眼科特有の疾患についても各種最新の機器を使い前眼部から後眼部までの診断治療を行っています。眼の疾患で糖尿病・高血圧などが原因の場合、院内の内科医と早めの連携をとることで原因治療も行い、また、脳の検査が必要な時にはCT・MRI など迅速な画像診断も可能となっています。手術室では各スタッフが器具の滅菌から器械の管理をし、安全に手術が行える体制を整えています。

外来医師担当表はこちら▶

整形外科

「ロコモ(ロコモティブシンドローム:運動器症候群)」をご存じですか?
「ロコモ」は筋肉、骨、軟骨、椎間板などの運動器に障害がおき、歩行や日常生活が困難になった状態(要介護リスクが高まった状態)です。
整形外科はこのような運動や姿勢をコントロ-ルする器官の病気や障害を扱っています。
今日本は、かつて人類が経験したことがない超高齢化社会を迎えようとしています。
ロコモを予防して、いつまでも自分の足で歩いていくために、また、自分の身の回りのことをしていくために、早目の受診をおすすめします!
担当医師はこちら▶ 外来医師担当表はこちら▶

皮膚科

以下のような症状がある方の診療を行っています。
●しっしん、皮膚炎、アトピー性皮膚炎  ●かぶれ、手あれ  ●にきび、ふきでもの まましん ●水虫、たむし ●皮膚の乾燥
●できもの、イボ ●たこ、うおのめ ●やけど、しもやけ ●みずぶくれ ●皮膚のかゆみ、痛み
●皮膚の赤み、青み、黒くなるなどの色の変化 ●皮膚の硬化、皮膚のむくみ ●円形脱毛症
●つめの痛み、つめの変化、まきづめの痛み ●皮膚のただれ、皮膚の傷、皮膚の膿み、皮膚の出血 ●その他、皮膚の異常

外来医師担当表はこちら▶