医師紹介

医師紹介

病院長 関根 秀夫 総合内科/日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
大学の6年間は奨学金の受給と家庭教師のアルバイトで卒業し、明石賞(首席)を受賞。学生時代の頑張りは今の仕事にも生きていると思います。大学病院勤務時代は内科の一つの専門分野に固執せずになるべく多くの分野に携わり、内科全般を診療。また、後輩の先生達にも内科全般が習得出来るように指導してきました。現在、その先生達が当病院の中心になって診療してくれています。どこの病院でも勤務医不足ですが、当院では臨床能力が優れているのは勿論のことですが、さらに人柄を重視して雇用の条件としています。当院を一度受診してくだされば、他院との違いがわかります。

副院長 健診センター長 長谷川 誠一 総合内科/日本内科学会認定内科医/日本医師会認定産業医
平成15年4月から当院に勤務しております。院長は大学の先輩で、学生時代一緒に野球をやっていました。同じ医局で診療に携わり、そんなご縁でお世話になっております。当院におきましては患者の皆様にやさしい、全人的なあたたかい医療を目指しております。内科一般のみならず、ご高齢の方々にも何でも話せる雰囲気を作りご相談いただけるよう努めてまいります。皆様のお役に立てるよう頑張りたいと思いますので宜しくお願い申し上げます。

副院長 診療部長 吉村 聡史 総合内科/日本内科学会認定内科医・総合内科専門医/日本医師会認定産業医
大学卒業後、一般内科であった第1内科学に入局、腎臓・高血圧、消化器、呼吸器、神経等を学び、その後血液・腫瘍内科へ入局。14年間の大学病院勤務の後、平成16年より当院で勤務させていただいています。「患者様に優しく、親身に丁寧な医療」で地域医療に貢献したいと考え、我々医師をはじめ看護師、看護助手、薬剤師、事務等のスタッフ一丸となって診療にあたっています。体に不調や気になることがある時にはお気軽に受診してください。

医局長 小原 康伸 総合内科/日本内科学会認定内科医/日本透析医学会認定医/日本腎臓病学会認定専門医
大学病院では、院長と同科に所属し内科一般を学びました。平成15年、大学を退職し当院で勤務させていただいております。外来診療、在宅訪問診療、関連施設往診などを通じて、ご高齢者と地域住民の方々の健康管理、予防、治療にお役に立つことができればと考えています。当院では、褥瘡(床ずれ)の治療も積極的に取り組んでいますのでお困りの方は是非一度ご相談下さい。

医長 赤坂 裕子 総合内科・消化器内科/日本消化器病学会認定専門医/日本内科学会認定内科医/日本消化器内視鏡学会認定専門医
内科一般を担当していますが、特に消化器内科を専門としております。外来では、診療・内視鏡検査(経鼻内視鏡・胃カメラ・大腸カメラ)・内視鏡治療(大腸ポリープ切除)をしております。苦痛の少ない安全な検査を提供できるよう心がけておりますので、検査に抵抗がある方含め、一度気楽にご相談いただければと思います。皆さまの身近な存在としてお役に立てれば幸いです。

医長 落合 賢一 健診センター/日本内科学会認定内科医
大学病院では気管支喘息を中心にアレルギー疾患の診療を、成田空港検疫所では渡航者での輸入感染症スクリーニングを行い、直近5年間は一般内科医として地域医療に従事していました。当院でも患者さんとのコミュニケーションを大切に、腰をすえて柏市での地域医療に参加させていただくつもりです。よろしくお願いします。最後に個人的な経験ですが、10年以上週2回、1回1時間の水泳を続けています。正常血圧の維持と肩凝りの解消にお勧めです。

医長 紅露 剛史 総合内科・消化器内科
内科を担当している紅露(こうろ)です。珍しい名前ですが、日本人です。大阪で生まれ、高校は岡山県、大学は神奈川県と移ってきました。卒後は聖マリアンナ医科大学第2内科に入局しました。その後消化器医を志し、いくつかの病院で約10年間診療の研鑽をつませていただきました。これまでは消化器疾患を中心とした診療に携わってきましたが、これからは内科全般を全人的に診療できるようにと思っております。平成21年4月から当院に来た新参者ですが、宜しくお願い致します。

医長 鈴木 貴雄 総合内科/日本内科学会認定内科医
一人でも多くの方が心身共に快適に過ごせますよう常に患者様、ご家族の立場に立って診療を行っていきます。また、ご高齢の患者様は医療のみならず介護が必要になるケースが増えており医療・介護の連携を取りながら支えていきたいと思います。体調の不安を感じましたら、お気軽にご相談ください。

医長 山田 明生 総合内科/日本救急医学会専門医/日本外科学会認定医/日本DMA隊員
大学病院では消化器外科14年、その後救急医学講座開設と共に異動、講師を経て川崎市立多摩病院救急災害医療センター副センター長、神奈川県災害医療拠点病院協議会運営調整会議副委員長など12年間救急災害医療を、さらに多摩市で4年間在宅医療を行い、平成25年4月入職となりました。松戸市立栗ヶ沢中学校4回生。2003年よりモーターレース医療。外科と救急をメインに仕事をしてきました。よろしくお願いします。

医長 吉田 宏志 総合内科/日本内科学会総合内科専門医/日本プライマリ・ケア連合学会認定医
大学を卒業後、一般病院で約20年総合内科として勤務してきました。近年はカテーテル治療やペースメーカー移植術など循環器中心の診療を行っていましたが、その間も循環器疾患だけでなく、幅広い数多くの内科疾患を診療していました。当院では平成30年1月からの診療となりますが、引き続き総合内科医として皆様のお役に立てればと存じます。よろしくお願いいたします。

医長 長岡 裕介 精神科・心療内科/精神保健指定医/日本精神神経学会専門医・指導医/日本医師会認定産業医
日々の生活や環境の変化などで心のトラブルはつきものです。多くは自らの力で乗り越えていくものですが、なかには心の病気が原因で行き詰まることもあります。当科はそのような心の病気の有無についての診断や病気がある場合の治療やアドバイスを行っております。お気軽にご相談ください。

リハビリセンター長 高木 道人 整形外科/日本整形外科学会認定医・認定スポーツ医/日本リウマチ学会認定医/日本リハビリテーション医学会専門医
10年ほど前から非常勤として、そしてこの度、常勤として勤務させていただく事になりました。この病院の理念である「患者様に優しく、親身に丁寧な医療」を実践していきたいと思っています。肩や腰や膝の痛い“あなた”気軽に当院を訪ねてみませんか!一緒に痛みを軽くする方法を考えましょう!

医長 水落 誠 眼科/日本眼科学会認定専門医/眼科PDT研究会認定医
平成11年に聖マリアンナ医科大学卒業し、東京女子医科大学病院の眼科へ就職、その後関連病院に勤務しておりました。H29年1月より当院へ異動し眼科診療、手術にあたっております。当院で可能な白内障手術を中心に行っていきますが、近隣の大学病院や総合病院などと連携して様々な病気に対応していけるようにしてまいります。また、当院眼科を受診される全ての患者様のご期待に添えるよう、安定した診療体制を作っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。

脳神経外科部長 内田 耕一 脳神経外科/日本脳神経外科学会専門医/日本脳卒中学会専門医
頭部外傷(頭部打撲)・脳血管障害(脳卒中)・脳腫瘍を中心に診療しますが、顔面痙攣(けいれん)・三叉(さんさ)神経痛・水頭症(すいとうしょう)等の疾患も守備範囲です。てんかん、髄(ずい)膜炎(まくえん)やパーキンソン病等の脳神経内科疾患に関しても、ご相談をお受けします。脳神経外科疾患の症状は、意識障害・高次脳機能障害・麻痺・眼症状等、多岐に渡りますが、頭痛・眩暈(めまい)・痺れ(しびれ)等の症状で頭の病気が心配という方も気軽にご相談下さい。症状はないが頭の病気が心配という方、特に脳卒中が心配なら脳ドックがお勧めです。地域の方々のお役に立てるよう心がけますので、よろしくお願い致します。

消化器内科部長 兼 内視鏡センター統括部長 齋藤 崇 総合内科・消化器内科
日本内科学会認定内科医/日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・支部評議員・本部学術評議員/日本消化器病学会専門医・指導医・支部評議員/日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
30数年にわたり、消化器内科、とくに消化管の消化器内視鏡分野の診断と治療を行っています。専門は早期胃癌で、その診断、治療、臨床研究、学会発表、論文発表を連綿として行ってきております。消化器内科と内視鏡センターをますます充実させ、皆様方の医療に貢献できる様、頑張らせていただきます。宜しくお願い致します。

内視鏡センター長 三輪 修嗣 
全人的医療を志向して大学院では心療内科を専攻しました。その後、地域の病院で一般内科・消化器内科診療の経験を積み、近年は消化器内視鏡医として各種検査・治療、内視鏡室の整備等に注力して参りました。当院においては苦痛を最小限に精度の高い検査を行えるような体制をつくっていきたいと思っていますが、同時に、常に「優しい医療」を実践する「面倒見のいいお医者さん」であることを心がけたいと思っております。患者様・ご家族の皆様、疑問や不安はお気軽にご相談ください。ご一緒に解決策を探していければ幸いです。

医長 志賀 和雄 総合内科/プライマリケア認定医
中国北京で生まれ育ち、平成8年に来日しました。北京にある医科大学の出身のため、平成13年に日本の医師免許を取得し直しました。大学病院から在宅訪問診療まで色々な分野、多様な医療形態を経験しました。私の診療スタイルは、じっくりと話を傾聴し、個々の患者様およびその家族たちの気持ちに寄り添う姿勢を貫いてまいりました。これからもこの様なスタイルで、常に最善を尽くすように心がけてまいります。

放射線科部長 釘抜 康明 放射線科
私の専門はCT/MRなどの読影をすることです。患者様と直接的に接する事は少なく、どちらかと言えば影の部分を担当しています。気持ちとしては患者様に短時間で検査の結果をお返事し、地域医療の一端を担いたいと考えています。今後も地域医療発展に貢献できる様、一層努力する所存です。

医長 秋山 真一郎 総合内科/日本内科学会総合内科専門医/日本消化器病学会専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/がん治療認定医/米国内科学会上級会員/カナダ マギル大学客員教授
これまで31年間腫瘍内科医としてがんの早期発見、全身の固形がんの化学療法等全身的治療を中心に臨床をしてきました。一般内科の担当をさせていただいております。当院では急性期から慢性期の病状まで対応する様々な設備が備わっています。皆様のお役に立ちますよう努めて参りますのでお気軽にご相談下さい。

医長 鈴木 亮 総合内科/日本内科学会認定内科医/総合内科専門医/日本血液学会専門医
2019年9月より小学校から高校までを過ごした地元である柏の病院でお世話になる事になりました。高齢化社会になり患者さんの病状も多様化しております。自分が患者さんの立場であったらどうするかを考え、丁寧な説明を心がけています。まだまだ未熟な部分も多くありますが、患者さんに満足していただける様に頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

顧問 渡辺 尚彦 総合内科/日本内科学会認定内科医/日本老年医学会専門医・指導医/日本循環器学会専門医/日本高血圧学会専門医/ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター(ICD)/日本感染症学会専門医・指導医/日本心療内科学会専門医
聖マリアンナ医大を卒業し、同大学院修了後、平成2年東京女子医大講師、平成27年東京女子医大内科教授に就任し、感染制御部長を兼任しました。平成30年には愛知医大病院客員教授就任(早稲田大学客員教授・日本歯科大学病院臨床教授兼任)と当病院の顧問となりました。循環器・高血圧外来を担当し、肩の凝らない外来には笑いが絶えず、自身考案の「渡辺式反復一週間減塩法」で減塩指導しています。外来治療に指圧を用いることもあります。24時間血圧自己測定の世界記録保持者でもあります。(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ出演・著書多数)